泉車輌輸送ロゴ

文字サイズ

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

更新情報・お知らせ

2021/06/11も執筆中    成田Airportへのレンタカーは空港場内まで入らず、高速も手前の成田スマートICで降りる。旅客ターミナル付近で荷降ろしが出来ないからだ。レンタカー会社のモータープールは成田市小菅から香取付近に集中している。ここから旅客ターミナルまではレンタカー会社の自走員が自走で中継する。    2021/06/10も執筆中    全長18mの機体が手の中に収まっている走りができたはずだったのだが・・・首都高・湾岸・都内が手の内に入れば解決するはずだ。  「なんとかしなければ・・・」「このままでは、終わってしまう・・・」      2021/06/09も執筆中     「ようやく、遂に、たどり着いた」一流のドライバーが集まる、この舞台に立てるんだっ・・・
2021/06/07
IZUMI札幌営業所 一般事務職/エントリー開始NEW» 
2021/06/04
エースドライバー短編小説 アイコン--短編小説--「メンテナンスの本質」「色褪せる想い」「目の前の真実こたえ」掲載。NEW» 
2021/06/03
IZUMIグループ本社 一般事務職/エントリー開始NEW» 
2021/06/02
鈴鹿営業所 新規路線就行につき、 3台積1名・1台積1名・管内/近距離・中距離・ドライバー/エントリー開始NEW
2021/06/01
企業説明会開催 R3.06.18(金)ハローワーク釧路2Fブース 10:00-15:00 どうぞご活用ください。NEW
2021/05/31
千葉市新港営業所 新規路線就行につき、トレーラー・ドライバー/定員充足エントリー終了
2021/05/25
序章記事「"EVが主戦場"」-Main Battlefield-掲載 これからが本番» 
2021/05/21
Asian powers アイコン「アジア新興勢力の台頭」掲載。» 
2021/05/13
千葉市新港営業所 新規路線就行につき、トレーラー・ドライバー/エントリー開始
2021/05/12
弊社、千葉市新港営業所(出店)新規路線就行及び運行中

» 過去ログ


エースドライバー表紙
---短編/連載作品---
「自分と相棒を信じろっ」
"君こそが、エースドライバーだ"

舞台は圧倒的な物量を誇る国際都市「TOKYO」
陸上輸送の要所、首都高・湾岸。

トラガール促進PJ

    トラガール部門MVD ドライバー甲子園
    女性ドライバー 大型トラックへの挑戦

パートナーPR

    日本陸送協会創立50周年記念PR動画
    兵庫県トラック協会トラックドライバーPR動画

合言葉は「"改善"」

    「トヨタ自動車の真相」
    高学歴企業で唯一の中卒たたき上げ副社長

グローバル・世界大手物流企業動向

物流業界の市場シェアと再編

フォワーディング・宅配便・物流業界の市場シェア、市場規模と再編について、中小企業は全く無関係ではなく常にその変化の渦中にある。ドイツポスト、UPS、日本郵便、ヤマト、DHL、DBシェンカー、 キューネ・アンド・ナーゲル等世界大手物流企業動向は関係者(社)の企業戦略に直結するだろう。

物流業界とは

物流には、総合運輸と呼ばれている、陸運、海運、空運をすべて手掛ける業態、フォワーダーと呼ばれる、荷物の輸送のコーディネートをする業界、サードパーティ・ロジスティクスという、荷主の物流を包括的に請け負う業態があります。
総合運輸会社の分野では、フェデックス、ドイツポスト傘下のDHL、UPS、などが世界大手と言われています。日本では、日本通運やヤマト運輸があげられます。フォワーダーには、キューネ・アンド・ナーゲルやDBシェンカーがあります。フォワーダーは物流資産を持たなくてもよいことから、フォワーダー専業以外にも、フェデックスやDHLが参入しています。サードパーティロジスティクスは、XPOロジスティクスやCHロビンソンが大手となっています。物流の機能には、運送以外にも、保管、荷受け、包装・検品等の流通加工という機能があります。(下図参照)陸運には、鉄道、自動車、バス、タクシー等の事業者がおります。空運には飛行機が、海運には船舶が用いられ、船舶の種類によりコンテナ、バルク等に分けられます。保管に強みを発揮するのは倉庫業者です。また自らは資産を持たずに運送のアレンジを行う業態としてフォワーダーがあります。

バリューチェーン

          物流バリューチェーン 出所:業界再編の動向

World stage 世界市場シェア

「最新業界別売上高世界ランキング第4巻」に記載の宅配運輸・郵便・フォワーディング各社の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年の市場シェアを簡易に試算しますと、以下の順位となります。

  1位    中国郵政     1.8%
  2位    UPS          1.6%
  3位    ドイツ郵政   1.6%
  4位    米国郵便公社 1.6%
  5位    フェデックス 1.5%
  6位    日本郵便     0.6%
  7位    キューネ・アンド・ナーゲル0.6%
  8位    日本通運     0.4%
  9位    DBシェンカー 0.4%
  10位   XPOロジスティクス 0.4%
  11位   CHロビンソン 0.3%
  12位   ヤマト       0.3%
  13位   DSV4         0.3%
  14位   SFエクスプレス 0.3%
  15位   SNCFジオディス 0.2%

郵便・宅配物流業界では上位5社である中国郵政、UPS、ドイツ郵政(DHL)、フェデックスがダントツの規模を誇っています。市場規模が大きいため、当該業界は引き続き分散的な市場と位置付けられ、ダントツといえども市場シェアは2%未満です。6位は日本郵便が入っています。民営化プロセスでの公正な競争を保ちながら競争力をつけていくかが課題となっています。7位はスイスのフォワーダー最大手であるキューネ・アンド・ナーゲルとなります。現在はスイスに拠点をおきますが、1890年の創業はドイツのブレーメンです。8位は日本の総合物流のトップである日本通運となっています。9位はドイツ鉄道の子会社であるシェンカーです。10位は3PL大手のXPOロジスティクスです。

Mega market 市場規模

調査会社のグランビューリサーチによれば、2019年の3PLの市場規模は8310億ドルです。2020年から2027年にかけて年平均8.3%の成長を見込みます。また調査会社のQYリサーチによれば、フォワーディング業界の2019年の市場規模は1700億ドルです。2020年から2026年にかけて年平均2.8%の成長を見込みます。一方、調査会社のArmstrong & Associates Incによれば2018年のトラック運輸の市場規模は41320億ドルです。郵便サービスの2022年の市場規模予想は4157億ドルです。
世界市場シェア算定にあたって、陸運(鉄道を除く)、フォアワーディング、3PLの市場規模として4兆5千億ドルを利用しています。

タフなディール 業界再編事例

     2002年 ドイツポストによるDHLの買収
     2002年 ドイツポストによるStinnesの買収
     2005年 ドイツポストによる英Exelの買収
     2006年 投資ファンドApollo GlobalによるTNTロジスティクスの買収
     2007年 CEVAロジスティクス(旧TNTロジスティクス)による
     Eagle Global Logisti cs買収
     2008年 フランス国鉄によるGeodis買収
     2008年 DSVのよるABX Logistics Worldwide買収
     2012年 CH Robinsonによる米Phoenix International買収
     2015年 近鉄エクスプレスによるAPLロジスティクス買収
     2015年 日本郵便による豪Tollロジスティクス買収
     2015年 フェデックスによるオランダのTNT Expressの買収
     2015年 米XPO Logisticsによる仏Norbert Den Tressangleの買収
     2015年 米UPSによる米Coyote Logisticsの買収
     2015年 フランス国鉄による米Ozburn-Hessey Logisticsの買収
     2015年 オランダのDSVによる米国UTi Worldwideの買収

代表的な買収実績だけを列挙しましたが、実際はもっともっと激しいM&AやTOB合戦があり実にドラスティックでそこには未来を掛けたタフなディールがあったことでしょう。買収された企業にもパートナープレーヤーが大勢おり、我々のような下請け企業も沢山います。彼らの想いも載せてメガコーポレートは走っています。

世界の主要運輸会社の動向

Deutsche Post(ドイツ郵政、ドイツ)
Deutsche Post(ドイツ郵政、ドイツ・ポスト)は、元々国営の郵便会社です。郵政民営化に伴い2002年にDHLを完全子会社化し、企業間物流、フォワーダー、個人向け配送、郵便サービスを手掛ける総合物流会社へと成長しました。買収後、ドイツ・ポストにおける郵便・宅配事業の低下し、物流事業の比率が50%へと増加している等、顕著な買収効果が見て取れます。(下図参照)Packstationの名称でドイツ国内を中心に宅配ロッカー事業を展開しています。

バリューチェーン

          ドイツポストの2019年売上構成_ディールラボ

United Parcel Service(ユナイテッド・パーセル・サービス、UPS)
米大手総合物流会社です。米国内陸上輸送で圧倒的な強さ。世界220か国以上で物流業務を展開しています。

FedEx(フェデックス)
1973年に設立された米大手総合物流会社です。拠点空港を利用したハブ・アンド・スポークによる航空輸送業務や国際宅配便に強みを持ちます。フォワーディング首位の座をDHLと競っています。

US Postal Service(米国郵便公社、USPS)
米国の郵便事業を基盤に設立された郵便会社です。米国内におけるネットワークは最大級です。

DB Schenker(DBシェンカー)
Deutsche Bahn(ドイツ鉄道、独)傘下の総合物流企業です。鉄道網を利用した企業間物流やDB Schnker Logisticsで行うフォワーディング業務に強みです。空運・海運も手掛けています。日本では西濃運輸と西濃シェンカーを設立しています。

Kuhne & Nagel(キューネ・アンド・ナーゲル)
スイスに本拠を置くDHL、FedExに次ぐフォワーディング大手の一角です。

TNT Express(TNTエクスプレス、オランダ)
オランダに本社を置く欧州域内における宅配便大手です。旧オランダ郵政公社(KPN)が1998年に買収されたのち、2011年にユーロネクスト市場に上場しています。2015年フェデックスが買収しました。

EMS(Express Mail Service、国際スピード郵便)
世界の郵便事業会社が連携(万国郵便連合という)して提供する国際宅配便サービスです。DHL、FedEx、TNT Expressと競っています。Royal Mail(ロイヤルメール、英)、La Poste(ラ・ポスト、フランス)、USPS(米国郵便公社)、日本郵政(Japan Post)や中国郵政(China Post)等が加盟しています。2014年に日本郵政はラ・ポスト子会社のGeoPost(ジオポスト)と資本提携しました。

DSV(ディーエスヴイ)
欧州内の企業間物流等に強みを持つ物流会社です。2006年のFrans Maas Groep(フランス・マース・グループ、蘭)、2008年にABX Logistics(ABXロジスティクス、ベルギー)を買収し、欧州域内における物流事業を強化しています。

SNCF Geodis
フランス国鉄傘下の大手物流会社です。

Toll(トール)
オーストラリア最大の物流会社です。オーストラリア証券取引所に上場していましたが、2015年に日本郵政グループが買収しました。

CEVA Logistics(シーバ・ロジスティクス)
大手フォワーダー会社。投資会社のApollo Management(アポロ・マネジメント)が2006年にTNT Logisticsを買収、その後EGL Eagle Global Logistics(EGLイーグル・グローバル・ロジスティクス、米国)と経営統合し誕生しました。2019年にフランスの海運大手であるCMA CGMが17億ドルで買収しました。

CH Robinson Worldwide(CH・ロビンソン・ワールドワイド)
フォワーディング専業です。自社にて運送機を保有しておりません。

Expeditors International(エクスペディターズ・インターナショナル)
フォワーディング専業です。自社にて運送機を保有しておりません。

UTi Worldwide(UTiワールドワイド)
フォワーディング専業です。自社にて運送機を保有しておりません。2015年にDSVに買収されました。

Dachser
ドイツの未公開企業です。フォワーディング業務に強みを持ちます。

Bollore SA(ボローレ)
Vincent Bollore氏率いるコングロマリットです。フォワーディングに強みを持ちます。傘下に物流を行うBollore Logistic、音楽レーベル大手のUMGなどを傘下に持つビベンディを擁しています。

ビベンディとは
ビベンディ(Vivendi)は、フランスを代表するメディアグループです。傘下にユニバーサルミュージック、ペイTVのCanal+、広告代理店のHavas、ソーシャルゲームのGameloft、イベント運営のVidendi Village、ビデオ配信プラットフォームのDailymotion、出版社のEditisを有しています。投資会社のBollore(ボロレ)が主要株主です。

Panalpina World Transport(パナルピナ・ワールド・トランスポート)
フォワーディングに強みがあります。2019年にDSVが買収しました。

Sinotrans Limited(シノトランス)
フォワーディングに強みがあります。

チャイナポスト(中国郵便)
中国国営の郵便会社です。郵便会社としては世界最大規模です。

日本の大手物流会社

日本の大手物流会社には企業間・フォワーディングに強い日本通運、宅配便サービスに強みを持つヤマトホールディングスや佐川急便、フォワーディング業務では日本通運についで国内2位で2015年にシンガポールのNOLよりAPLロジスティックスを買収を発表した近鉄エクスプレス、国策の郵便局を引き継ぎ国内最大の信書ネットワークを持ち、2015年には豪州大手の物流会社トールを約6000億円買収した日本郵政等があります。企業間物流では日立物流が大手です。

日本通運は何位?DHLやFedExとどう戦うべきか

物流業界は、陸運を中心に世界的に見てもドメスティックな領域だったが、経済のグローバル化に伴って、国際化が加速している。グローバルランキングでは、DHL、UPS、フェデックスという欧米の国際航空宅配便「インテグレーター」の大手3社がトップ3を独占したのをはじめ、国際的な物流網を構築している先進国の大手物流業が上位に入っている。荷主から物流業務を一括受託するサービスの3PL、国際宅配便の成長などを背景に、今後も国境を越えた物流業の合従連衡は活発化すると見られる。そうした中、日本通運も、環太平洋地域を主軸に国際事業の強化に乗り出し、ランクアップをうかがっている。

グローバル化

          ネット通販のグローバル化により、物流業界では国際競争が加速

    ネット通販の台頭で脚光を浴びるも、物流網は崩壊寸前

    物流業界が今、脚光を浴びている。物流業は人類の歴史とともに発展し、社会を支えるインフラとして重要な役割を果たしてきたが、これまでは「縁の下の力持ち」として目立たない存在だった。ところが、ネット通販の台頭で再び脚光を浴びることになった。

    物流業界の世界ランキング

            物流業界の世界ランキング

      ご利用にさいして

      利用規約のご案内

      このホームページは泉車輌輸送グループが企業情報の公開目的で掲載しているものです。利用規約をご一読の上で使用して下さい。

      HP著作表示を無断で使用しないでください。
      コードをコピーする事も禁止です。

      画像等の無断使用
      画像等の無断使用やコードのコピーは禁止です。当然サイバー攻撃等は法令違反となります。問合せフォームを利用した目的外のメール送信も同様に禁止されています。