泉車輌輸送ロゴ

文字サイズ

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

各種社内研修用教材のページ

新任・全職制共通

IZUMIグループへようこそ、あなたの入社を心から歓迎します。
IZUMIの研修は、実践的で、身になるものを目標に主体性を引き出す内容になっています。

研修とは?

難しい事を分かりやすく近代的に解説する超ベテランの講師陣が勢揃い。そして課題提出型です。課題と言っても難しく面倒くさい宿題ではなく、あなたのモチベーションを高める目的のものです。「サプライチェーン・ビジネス」について問われたら、あなたの「言葉」を話してください。見当違いでも、間違っていても全く問題はありません。

あなたの夢を乗せても
目がくらむ程、あり得ない遠大な計略でも良いのです。

IZUMIはそれを聞きたい。

心に火を付けるイメージで講師の心を揺さぶってください。
あなたがIZUMIグループのトップ・プレーヤーのつもりで積み荷が国境を超える物語でも話してみたらどうですか?

君の活躍は近い将来ではない
「今日から、君が"ビジネス・パーソンだっ"」

ビジネスマナー

様々な年齢層、立場、職種の人々と関わりながら仕事をするうえで必要な、基本的なビジネスマナーを学習します。ビジネスマナーとは「相手を不快な思いにさせない」ためのものだということを理解したうえで、思いやりの心をもった行動をとることが出来るビジネスパーソンを育成します。
・ビジネスマナーとは
・ビジネスマナーとは何かを考える
・ビジネスマナー5原則
表情(笑顔)、身だしなみ、立居振舞い(態度)、挨拶、言葉遣いについてマナーのポイントを学習する
その他、敬語/電話応対/報連相/文書作成/メール作成など

ストレスマネジメント / セルフケア

ストレス耐性の低さは、自己の認知の歪みとの関連が高く、無意識の思考が作用しているため、気づくことが困難です。
研修では、緊張状態における自己の思考・行動のクセに気づくことで、望ましい選択ができるよう、認知行動の面から理解を深めます。その中で、意識的に認知を修正し、ストレス耐性を高める方法を学んでいきます。

更新情報・お知らせ

研修や自己学習に使える教材を収集していくページです。
2021/06/14
社内研修教材ページ開設
------
------
------
------

» 過去ログ


エースドライバー表紙
---短編/連載作品---
「自分と相棒を信じろっ」
"君こそが、エースドライバーだ"

舞台は圧倒的な物量を誇る国際都市「TOKYO」
陸上輸送の要所、首都高・湾岸。

強み発見研修

自分に適した環境で最大限の成果を発揮するために必要不可欠な、「自分の強み」を知ります。演習を中心として、自分自身を振り返ることで「今後自分ができること」への気づきを得ることができます。また強みを獲得するための具体的なプランも作成します。
1.自分の強み、価値観、行動特性を知る。
2.考え方の枠組みを取り払うことで、弱みも強みになることを実感する。
3.会社が期待している「強み」を知る。
4.強みを獲得するための具体的なプランを作成する。

メンター研修

メンタリングを効果的に行うために、メンターの役割、及び必要なスキル等を学習します。メンターに必要なスキルや、メンタリング・エクササイズを体験していただきます。演習を中心としたカリキュラムにより、学習内容の定着を図ります。
1.メンタリングとは何かを学ぶ
2.若手社員向けのメンタリングを中心に、メンターの目的、役割、メリット等を学ぶ
3.メンターに必要なスキルを学ぶ
4.エクササイズを通して、メンタリングに必要なスキルを身につける。

モチベーション研修

モチベーションとは何かを理解し、自身のモチベーションに影響するものを把握します。現時点の自己、及び自身に期待されている役割を理解します。現状を把握し、モチベーションを維持しながら、ありたい姿になるためのアクションプランを作成します。
1.モチベーションとは何かを理解する
2.これまでの人生を振り返り、自身のモチベーションに影響するものを把握する
3.自分の強み、価値観、行動特性、弱みを知る
4.ポジティブ思考とは何かを理解する。また 考え方の枠組みを取り払うことで、弱みも強みになることを実感する
5.「ありたい姿」を得るためのアクションプランを作成する

キャリアデザイン研修

キャリアとは何か、なぜキャリアをデザインすることが必要なのかを学び、現状を把握し、今後のキャリアをデザインできるようにします。グループワークを中心としたカリキュラムにより、自身のことをいろいろな視点から考え、またこれからのキャリアを主体的に考えることで、仕事に対するモチベーションを高めます。
1.なぜキャリアをデザインすることが必要なのかを学ぶ
2.自身の現状を把握する
3.キャリアプランを描くために知っておくべきことを学ぶ
4.キャリアプランを作成する
5.キャリアを創るために必要な行動を学ぶ
6.描いたキャリアを実現するために必要なことを学ぶ
7.グループワークを通して、異なる視点を受け入れる

文書作成研修(入門編)

ビジネスパーソンとして必要な「基本的な文書作成の方法」を学習します。
基本的な文章の構成から、報告書、議事録、Eメールまで、幅広いビジネス文書の記載について学習します。
1. 基本的な文書作成のスキルを習得する
2. 各種ビジネス文書の記載時のポイントを習得する

トラガール促進PJ

    トラガール部門MVD ドライバー甲子園
    女性ドライバー 大型トラックへの挑戦

パートナーPR

    福岡県トラック協会
    兵庫県トラック協会トラックドライバーPR動画

学習に役立つ動画集

IZUMIグループはサプライチェーンビジネス

    ロジスティクス・システム
    サプライチェーン

ロジスティクス

スピードでムダがない物流のプロセスを実現して、物の流れをニーズに合わせて効率的な形で計画・実行・ 管理しています。ロジスティクスはサプライチェーン・マネジメントの一部であり、サプライチェーンに登場するプレーヤー間の物的な取引を支える役割としての「物流」をIZUMIは果たしています。

サプライチェーン

サプライチェーンプロセスを支えるため輸送や保管は欠かせません。IZUMIは大型モータープールを要し効率よくターミナル間の幹線輸送を実現しています。物流の「輸送」「保管」「荷役」「情報」といった主要機能を有し、自動車産業のサプライチェーンビジネスに参画しています。サプライチェーンは私たちの暮らしを支える重要なインフラで、その進化は私たちの暮らしをより豊かにするものといえるでしょう。

乗務員用教材

キャリアカーの魅力

自動車を積み込んで運ぶ大型車はその大きさや力強さはもちろんですが、繊細さも感じさせます。真っ直ぐ走り、偏荷重やオーバーハングを計算しながら旋回するドライバーのテクニックは積み上げた彼らのキャリアと想いを少しだけ知る事になるでしょう。

    キャリアカーの魅力
    キャリアカーウォッチ
    空荷で練習_バック
    運転します_練習

右左折、遠心力は速度の2乗

荷物である自動車は荷台で動きます。荷物にスプリングやサスペンションが付いているのですから路面の段差や遠心力を受けて上下左右に荷重を移動をさせようとします。だからと言ってガチガチに固縛(荷物の固定)をすれば別の悪影響が現れやすくなります。キャリアカー、とくにトレラーのドライバーは右左折の際荷物の荷重移動を避けながら上手く旋回します。ほとんど荷物がカーブの影響を受けていないように見え、オバーハング現象も十分回避する進入角度を取り直進復元時はハンドルさばきと小刻みなアクセルワークだけで揺り戻し現象を吸収させます。とにかく荷物を動かさないのです。

トレースライン

右左折旋回はキャリアカーの運転技術の中でも、とにかく急を要する習得が求められます。ちょっと位上手くいったからといって調子にのって左折したら大失敗を犯します。克服しなければ内輪差の脅威があなたに付きまとうでしょう。安全確認の徹底や、練習、先輩のアドバイスが必要ですか?そうかもしれませんが、物事の本質はいつも、どこか別のところにあります。トレースラインをイメージして目の前の感覚に集中してください。

    キャリアカー左折①
    キャリアカー左折②
    左折トレースライン
    キャリアカー右左折

トレーラー連結&切り離し

キャリアカーの主流はセミトレーラーですが、この機体は単独で自立立脚ができません。後ろにタイヤがあるだけですので、前側の荷重は連結時はトラクターヘッド、切り離し時はスタンドで支える事になります。おまけにヘッドから電力や、油圧、圧縮空気の供給を受けているので、コードやホースを繋いでいます。ですから切り離し作業には手順があり構造を理解しないと作業手順の自己点検ができません。最も必要なコツは超スローで前進及び後退することです。しかもスムーズに、滑らかにです。かすかな音も聞こえるように静かにです。乗用車でバックが下手ならまず無理でしょう、ガクガクしながらバックも駄目です「滑らかに、超スローで真っ直ぐ」です。これが出来たら、ターンテーブルが連結した合図を出してくれますよ。耳を澄ませて感じてください。

    トレーラー連結&切り離し
    ヘッドとシャーシの繋げ方
    トレーラー連結ポイント
    大型トレーラーの連結部分の仕組み
      参考動画_ヨースト・ジャパン
    カプラーのグリスアップ

荷役・積降し

キャリアカーは大きいと言っても自動車を積み込むスペースとしてはやはり窮屈な印象。あの狭い「カゴ」の中に自動車を運転して積み込むんですから絶対的に運転がかなり上手くないと厳しいでしょう。でも基本作業を忠実に完璧に行えば仕組みは理解できます。彼らは「慣れ」と言いますが・・・センスもノウハウの蓄積も研ぎ澄まされた感覚も関係するはずです。

6台積・1人乗務
荷役作業はいつも複数人ではありません。キャリアトレーラーは6台・7台積が圧倒的に多く1人乗務が基本となりますから、荷役も1人です。安全確認の補助はどの場所でも助け合って行いますが、ここでもドライバーは荷役作業員として実に正確で緻密な積み込みを個人技として提供してくれるでしょう。

      参考動画_トヨタ輸送
      参考動画_USS東京にて
    4番フロア_タイヤ固縛
    前輪タイヤ_ラッシング_固縛